メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2007/11/24

店舗が本屋に見えないという悩み

 どこの本屋さんも、店構えを見ればそうとわかりますね。例外的に児童書専門店は、「なにのお店かな?」みたいな作りが多く、ピコットも、好きな青色をたっぷり使った、「なにのお店?」的デザインです。
 ところが、「わからなくて、お店の前を行ったり来たりしてしまった。」とか、「前の道を何年も通勤しているのに、本屋さんって知りませんでした。」とかいうお客様の声を聞くに及んで、お店としてこれはかなりマズイと・・・。そこで手作り看板を掛けたり、「今月のこどものとも」を並べたり、店主としてはそれなりの努力をしてみましたが、しかしそうするほどに、「本屋さんらしい」雰囲気からもっと遠ざかるような気もします。
 反対に大変ありがたいのは、「クチコミ」で来て下さるお客様がとても多いということ。「この辺りにあると聞いたんだけど・・・」というので、場所を尋ねるお電話をよく頂きます。お友だちを同伴して、自らお店の隅々まで案内して下さる常連さんもあります。本当にご縁のある方は、こうして来てくださるのだから、道に迷ってようやくたどり着く、隠れ家みたいなお店でもいいのかな?という訳で、今も
「なにのお店?」のままのピコットです。

2 コメント
コメント一覧
  • 1

    ピコットの店構えはかわいくて好きです。友達を連れてまたお邪魔します。

    by: ももこは, on 2007/11/25
  • 2

    ももこは様

    本屋とわかって頂いて、「かわいくて好き」と言って頂いて、お友だちも誘って頂けるなんて、トリプル嬉しい!という気分です。お掃除、マジメにやらなくっちゃ。ご来店、お待ちしてます。

    by: ピコットです!, on 2007/11/25
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: