メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2012/05/31

発達障害の子どもたちと保育園

 

昨日訪問した保育園でのこと。

 

発達障害のお子さんの感覚統合を促すおもちゃということで、

ビリボをお奨めしました。

 

 

bilibo Φ39㎝

6色各税込¥3,150.

 

 

 

回る遊びが好きというそのお子さんに、

この、ヘルメットを大きくしたみたいなおもちゃで揺れて、

前庭覚への刺激をたっぷり受けてもらおうということです。

 

とりあえず1個購入して試しましょう、とお返事いただきましたが、

その後、色を決めるに当たっての先生方の会話・・・。

 

「Aちゃんって、何色が好きだっけ?」

「う~ん、色については、彼、こだわりはないかな。」

「Bちゃんは、絶対黄色が好きだったんだけどね・・・」

 

その何気ないやりとりが楽しげで、そこには、

発達障害児に対して、「困った子」という雰囲気は全くありません。

彼らに寄り添って、必要な配慮はなんでもやろう、

そういう、愛情とプロ意識が感じられる会話でした。

 

“うちの園の大事な子!”と思われ、大切にされることは、

障がいのある無しに関係なく、

どの子にとっても最高の保育環境ですね。

 

ビリボが気に入ってもらえますように。

 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: