メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2008/10/10

おはなし組木☆がらがらどん劇場

 

 おはなし組木をご存知ですか?

「おおきなかぶ」や「ぞうくんのさんぽ」など、おなじみのお話が組木になっていますが、ただのパズルと思ったら大間違い!(^^)^^)^^) これは、演じる組木です。

 

 おはなし組木は、保育経験の中で試行錯誤の末作られたという、でこぼこ工房さんのオリジナル作品です。以来30年・・・(多分その位 ^^)、ず~っと、子どもたちに愛され続けています。

 

これは、「三びきのやぎのがらがらどん」です。

 

 お話の主人公たちが、こんなふうに一枚のパズルに収まっているのも見事ですが、取り出して手にすると、たちまちお話が動きだして、子どもたちの心を捉えます。たっぷりと厚みを持たせて仕上げてあり、立てたり積んだり、動かしたりが容易なので、子どもたちも、小さな手でお話を辿ることができるようになりますよ。

 

 

 

それでは、ピコット演出

三びきのやぎのがらがらどん

 

はじまりはじまり!

 

 

≪お断り≫

著作権に触れるため、残念ながら

ここでは、“だれだ!おれのはしをがたがたさせるのは!” と

叫ぶことができません。(^^)

粗筋のみご紹介します。

あなたが演じる時は、福音館の「三びきのやぎのがらがらどん」をご参考に、

瀬田貞二さんの名訳でお楽しみください。

 

 

三びきのやぎは、三びき揃って“がらがらどん”

山の草場でお腹いっぱい草を食べようと思っています。

 

 

でも山へ行くのには、橋を渡らねばなりません。

 

 

橋の下には、こわ~いトロルが住んでいます。 

 

 

 まず、小さいやぎのがらがらどんが渡ります。

“後からもっと大きいやぎが来るよ!”と言って・・・。

 

 

つぎには中くらいやぎのがらがらどんが渡ります。

やっぱり言いいます。

“後からもっと大きいやぎが来るよ!”

 

 

最後に、大きいやぎのがらがらどん!

 

 

大きいヤギは強い!

トロルなんかやっつけてしまいました。

 

 

そしてみんなでいっぱい草を食べて、

とってもふとっちょになりましたって。

 

 

と、こんなお話です。

おはなし組木が

動かした時、どんなにダイナミックでドラマチックか、

お分かりいただけたでしょうか?!

 

 

おはなし組木は全部で6組+1組

店頭にはサンプルもあります。

お試しください。

 

 

 関連ホームページもどうぞ!

 

商品の詳細はこちらです。

 

ブログ:いたずら坊主の行動から解くがらがらどんの謎

ブログ:おはなし組木たち 森へ行く

ブログ:トロル倒される

 

でこぼこ工房さんのホームページはここから!

 

“三びきのやぎのがらがらどん”の絵本は福音館にもご紹介があります。

 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: