メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2008/09/12

ねぎぼうずあさたろうがアニメになります!

 故郷の畑を出て、東海道を旅する若者、ねぎぼうずのあさたろうの旅日記も、今回で7話になります。紅葉の峠道で、大荷物を担いだおじいさんと少女に出会ったあさたろうですが・・・。

 って、それは何なんだ?と思われる方もあるかもしれませんが、知る人ぞ知る「絵本 ねぎぼうずのあさたろうシリーズ」の、第7巻 さんぞくまつぼっくりの もんえもんの なみだ 発売のお知らせです。これ、正義感に燃えるあさたろうが、悪い奴をねぎじるでやっつける、痛快:時代もの(?)シリーズで、この所のお江戸ブームもあって、あさたろうは子どもたちの間でちょっとしたヒーローなのです。

 

 

ねぎぼうずのあさたろう その7

さんぞくまつぼっくりの もんえもんの なみだ

 

飯野和好 福音館書店 税込¥1155.

 

 そしてもうひとつニュース。このお話がアニメーションになって、まもなくテレビ朝日で放映されます。絵本がアニメになるというのは、ファンにとってちょっとドキドキ。自分のイメージとずれないか、その上で、より魅力的な作品として出来上がっているか、期待と心配両方のドキドキです。この問題については、デモ映像をご覧になった、福音館宣伝部ライセンス課課長氏から下記のコメントが寄せられています。内緒なので小さいフォントにしますけど。(^^)

 

 

とても面白かったです。
笑う場面、泣きそうになる場面。
日本昔話を髣髴とさせる
きちんと描かれた日本の原風景。

悪は許さない
だからといって
やっつけるのではない。

ん~

 

 という訳で、ハンサム(ネギにしてはというか、ネギなのにというか・・・)で正義感のあるあさたろうが、アニメでいったいどんな動きをしてくれるのか楽しみにしています。それに、絵本の出だしに「二代 広沢虎造風浪曲調で・・・」と、絵本としては一風変わった指定がありますが、そもそも「浪曲調」がよくわからないわたしは、いつも適当な節を付けて読んでいます。アニメーションでこの問題が解明されるであろう事も楽しみです。

 

詳細は公式ホームページをご覧ください。

 

 

 

0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: