メディアジャパン学園ブログ

Next blog

記事一覧

 先日娘の幼稚園で運動会がありました。
 毎日お弁当持参の園なので、作ることは馴れていますが、
 所詮園児1人分、量は少ないので品数はわずかです。
 しかし、運動会や遠足といった行事のお弁当はいつもとは違います。
 家族分まで用意しなくてはなりません。
 しかも今回我が家は、私たち夫婦に加え、
 それぞれの両親にも声をかけたので大人6人+子供1人分!
 これはかなりの大仕事です。
 「やっぱり母親として頑張っている姿も親に見せたい」なんて
 ちょっと見栄を張ってみたい気持ちや、
 「わが子が周りのお友達から羨ましがられる姿も見たい」
 なんて気持ちもあったり(笑)
 というわけで、彩りよく、 続きを読む…
今回のメイクジャパンシリーズの「味噌」。主原料は大豆です。
ところで、大豆の守備範囲はやたらと広いんです。
タンパク質豊富な「畑の肉」と呼ばれ、豆乳を絞って豆腐、湯葉、油揚げ。
油を搾ってマーガリンやマヨネーズに。
発酵させれば味噌や醤油、納豆。
枝豆として生食すれば大豆イソフラボンで美肌効果。
さらに2月ともなるとオニ退治の武器にもなるという、万能の豆、大豆。
栄養価や効能が強調され、大豆製品を食べて健康になろう!みたいに言われます。

ただ、肝心の「大豆の味」についてうんちくを語った文章にはついぞお目にかかりません。
加工食品に関し 続きを読む…
以前もお知らせしていた制作中のMJS第12弾
正式タイトルが決まりました。
「COOL JAPAN - KYOTO ENGLISH TOUR
~Spirit of Samurai Zen~」
外国人に英語で日本を案内するツアーの紹介です。
このメイクジャパンシリーズは、
日本独特の文化を外国人にも分かるように説明するので、
毎度意識するのが大変です。
DVDで紹介するツアー内に禅体験が出てきます。
元々は室町時代の武家層に広がった禅ですが、
なぜ武家層にウケたのか?
それを伝えるにも、
まずは室町時代を15世紀頃と置き換え、
さらに外国人向けに武士の説明もしなければなりません。
そして今 続きを読む…
春ですね、皆さんも田んぼアートに参加できる季節がやってきました。それは1000人もの人が参加する、村の一大イベント田植え体験です。
青森県田舎館村の「田んぼアート」DVD、発売中です。http://youtu.be/kmEbG6hd4sgこのDVDでは外国人も楽しんで田植えする様子から、田んぼアートの見頃の時期、収穫まで制作過程を密着取材しています。これを機に田植え体験に参加するも良し、巨大な田んぼアートを見るも良し。日本ならではの文化に携わるきっかけになれば嬉しいです。うちの田んぼアートDVDですが、2月25日には地元青森の新聞社、津軽新報に。3月20日には日本語英語の2カ国語で表記されている 続きを読む…
現在、第12弾「英語で京都ツアー(仮題)」を制作中です。これまでに出してきたDVDとは違い、本編はほぼ英語。今までは日本語で制作して英語化していましたが、今回は逆です、オール英語(笑)。それは、外国人に英語で日本を案内するツアーに密着しているからです。今回取材したのは、外国人から人気のツアーガイドのジョー岡田さん。
フェイスブックとブログ(全英語)を活用して、自分で海外からお客さんを集客。最後に日本刀でリンゴを切るなど、とても80才過ぎと思えない方です。(笑)(ジョー岡田さんとMJ工藤)
また、妙心寺春光院副住職の川上全龍さんは、学生時代に米国留学し、米国人の奥様を持つ方。禅の教えを、一般の方へ 続きを読む…
1月末頃の販売を予定しているメイクジャパンシリーズ第11弾「田んぼアート」。
現在、制作中で、ナレーションや音楽付けをしたら
製品化の作業に入ります。

今回は新しい試みとして「ナレーション原稿」をおつけします。
弊社のDVDですが、英語教材として利用されているのでしょうか。
原稿が欲しいという依頼を結構いただきます。
ですので、今回は原稿が付いているのです。

さて、そもそも、この「田んぼアート」、
当初、12月中に発売する予定で動いていました。
しかし、いつもの如く完成が遅れています。

実は前期、新タイトルを1つも出 続きを読む…
そろばん。
日本的なイメージの強いこの計算技術が今、中東のトルコで子どもたちに教えられているんです。
その仕掛け人が、川西一仁さん。大阪・豊中市でそろばん教室を運営する一方トルコにフランチャイズでそろばん教室を展開されています。
何を隠そう、この方、うちの会社に「そろばんメーカー紹介するから、 そろばんDVDが作りたい!」と、売り込んで、見事DVD「SOROBAN~そろばんの使い方~」を商品化させたお人です!
もともとサラリーマンとしてIT業界に身を置いていた川西さん。2006年に、お父様の後を継ぐ形でそろばん教室の運営をはじめられました。しかし、その頃すでに生徒数は右肩下がり。そこで新たなター 続きを読む…
今から3年ほど前、広島県宮島のお土産物屋さんで
メイクジャパンシリーズの「SUSHI~寿司の握り方~」DVDを見つけ
買ってくださった方がいました。
購入して下さったのは、丸徳海苔株式会社の古川さん。
社名の通り、海苔を製造販売されている古川さんは
題材が海苔と関係深い寿司だったことと
それが海外向けに作られてることに興味を持ったといいます。

海外は寿司ブーム、海苔の需要も高まっているため
これは営業ツールに使える!と、その後amazonで何度も購入し
商談会で海外の方に会うとき渡すなどして使ってくださっていました。


そしてあるとき
続きを読む…
みなさん、お寿司屋さんに行ったとき板前さんが手に水をつけ「パンッ!」と手を叩いている姿を見かけたことありませんか?
この動作には、ちゃんと理由があるんです。
手につけているのは、ただの水ではなく「手酢(てず)」と呼ばれるお酢をお水で割ったもの。お酢には強い殺菌力があるのでお寿司を握るたびに手酢をすることで手の殺菌をしているのです。
実は寿司には、下処理や調理の上でこういった衛生に関する知識が数多く必要とされます。そうでなければ、安全でおいしい寿司を食べることは出来ないのです。
寿司は現在、世界各国で食べることが出来ます。しかし、急激な寿司ブームの広がりに正しい知識の伝達が追いついていないのが現状 続きを読む…
あなたは日本にもミステリーサークルがあるのをご存知か。
青森県田舎館村というすさまじい名前の村にそれはある。

 広大な田んぼに描かれた
 菩薩像やナポレオン・・・。
 ナスカの古代人も裸足で逃げ出す
 巨大な地上絵に、
 訪れた者は言葉もなく立ち尽くす。

 といってもこの地上絵、
 ミステリーでもなんでもなくて、
 田舎館村が村おこしのために
 20年前から行っている
 「田んぼアート」という取り組みなのだ。
 色違いの稲を植えることで、
 絵を描くという「田んぼアート」は評判を呼び、
 人口8000人のこの村に
 全国から10万人が訪れるほどの
 名物となったそうな。
続きを読む…
ページ一覧: 12