メディアジャパン学園ブログ

Next blog
2013/06/17

日本食の代表格「すしの全て」を映像で伝えます(担当:光畑素子)

みなさん、お寿司屋さんに行ったとき
板前さんが手に水をつけ
「パンッ!」と手を叩いている姿を
見かけたことありませんか?

この動作には、ちゃんと理由があるんです。

手につけているのは、ただの水ではなく
「手酢(てず)」と呼ばれる
お酢をお水で割ったもの。
お酢には強い殺菌力があるので
お寿司を握るたびに手酢をすることで
手の殺菌をしているのです。

実は寿司には、下処理や調理の上で
こういった衛生に関する知識が数多く必要とされます。
そうでなければ、安全でおいしい寿司を食べることは出来ないのです。

寿司は現在、世界各国で食べることが出来ます。
しかし、急激な寿司ブームの広がりに
正しい知識の伝達が追いついていないのが現状です。

そこで発足したのが「すし知識海外認証制度」。
講習と試験で、正しい技術と衛生知識を取得することが出来ます。
 
そして今回、
教材として使われるDVDを制作しました。
「ALL OF SUSHI すしの全て」
 
内容は、寿司の歴史から
魚のさばき方、寿司の握り方などの技術
殺菌や寄生虫などの衛生知識
その他、玉子焼きや味噌汁の作り方
包丁の研ぎ方など
3時間36分も収録されています。 

制度の発起人で
DVD内でも講師を務めている風戸正義さんは
メイクジャパンシリーズ其の壱「SUSHI」の
監修と出演をしていただいた方です。
 
「海外に寿司を正しく伝え広めることが
 自分のすべき仕事です。」
と、風戸さんはおっしゃいます。 
 
DVDは現在、日本語・英語の2か国版ですが
南米やウクライナ・チェコなど
各国から風戸さんのもとに
この制度やDVDの必要性を求める声が届いています。
今後、徐々に各国の言葉へ翻訳されていく予定です。 
 
メディアジャパンが日本文化を世界に伝えたいと
メイクジャパンシリーズ1作目を作ってから5年。
少しずつ世界が広がっていることを感じます。 
 
これでまた一歩、園遊会に近づきました。 
0 コメント
コメント一覧
コメントがありません。
コメントを書く
お名前:

Email/URLを追加しますか? >> 追加
コメント: